ちりめん風呂敷を広めたい

知りたい風呂敷の名前の由来

 

意外としらないふろしきの由来

 

「風呂敷」はなぜこのような字を書くのでしょう?

由来は、読んで字のごとく風呂に敷く布からきています。 奈良時代の風呂は蒸し風呂のような風呂で、現在のような湯をはる風呂とは違いました。

火を焚いて蒸気を作り、その蒸気を拡散するために、すのこや布が床に敷かれていました。 その布は平包(ひらづつみ)といわれ、これが風呂敷のはじまりです。

室町時代には、足利義満が建てた湯殿に公家達が招かれ、衣服を他のものと間違えないように、 家紋入りの布に包んだといわれています。

江戸時代に入ると、湯をはる銭湯ができ、一般大衆にも広まりました。 風呂に入るときには脱いだ衣服を布で包み、あがったら布を敷いて着替えたり、その上で休んだりしていました。 風呂に敷く布から、風呂敷を呼ばれるようになったのです。